「コートールド美術館展 魅惑の印象派」チケット1枚

1106991609_main_l

【コートールド美術館展 魅惑の印象派】
イギリスが世界に誇る印象派・ポスト印象派の殿堂、コートールド美術館。
粒ぞろいの名作のコレクションを有する同館から、マネ最晩年の傑作《フォリー=ベルジェールのバー》、ルノワールが第一回印象派展に出品した記念碑的作品《桟敷席》、セザンヌ《カード遊びをする人々》、ゴーガン《テ・レリオア》など巨匠たちの代表作がこのたび来日します。
美術館の創設者サミュエル・コートールド(1876-1947)は、イギリスの実業家であり、卓越した審美眼をもつコレクターでもありました。
1932年、ロンドン大学付属の美術研究所の創設に際して、自らのコレクションを寄贈し、その展示施設として誕生したのがコートールド美術館です。
本展では、研究所という側面にも注目し、美術史研究や科学的調査の成果を取り入れながら、作品を読み解いていきます。
選りすぐりの絵画・彫刻約60点との豊かな対話をお楽しみください。

・会期:2019年9月10日(火)~12月15日(日)

・開室時間:9:30~17:30  
 ※金曜は20:00まで
 ※入室は閉室の30分前まで

・休室日:月曜日、9月17日(火)、9月24日(火)、10月15日(火)、11月5日(火)
 ※ただし、9月16日(月・祝)、9月23日(月・祝)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・休)は開室

・会場:東京都美術館 企画展示室


【鑑賞ガイドセットチケット】
コートールド美術館展の展示作品や見どころがわかる冊子「鑑賞ガイド」を特製封筒に入れて、チケットと共にお渡しします。
※鑑賞ガイド、特製封筒はいずれもセット券限定です。コートールド美術館展特設ショップでの販売の予定はありません。
※なくなり次第、販売終了となります。
※9月18日(水)、10月16日(水)、11月20日(水)はシルバーデーにより、65歳以上の方は無料。当日は混雑が予想されます。
※本券の払戻・再発行はできません。

<仕様>
鑑賞ガイド:A4サイズ/フルカラー/全16ページ、封筒付き

こちら芸術が好きな方にお勧めですが、マネ、セザンヌ、ルノワールと
聞けば、普段あまり興味のない方も--;見に行こうかと思うかもしれません。
誰もが知っているビッグネームですので。

興味のある方は下をクリックしてください。
※チケットの転売は今後ヤバくなりますので--;やらないほうがいいです。