最近の雑誌は馬鹿みたいに重版しますが、さすがにこれはどうかと。
ネットで売り切れてもおらず、高値で取引もされていないのに重版は
ちょっとビックリしました。--;

なんか出版社の余裕がなくなっていますね。まあネットの発達で、かなり
苦しいということは聞きますが。

そのために大人の雑誌に、子供が喜ぶ付録をつけて儲けがかなり出たため
特に女性誌はほとんどの雑誌で付録を付けています。

しかし、そろそろ同じようなブランド、同じようなキャラ、そして同じようなものばかり
更にもっと良いものを出さないと買わないため、雑誌の値段も1000円を超え
もはや付録の値段を超えてきました。--;

いやいや、付録でお得だから買うのであって、そんな値段なら普通に既製品で
購入しますからというものも多くなりましたね。

さらに最近では2種類も出し始め、切羽詰まってるなと感じます。

あと付録をつける女性雑誌の中には、ほとんど広告でライターが書いた記事が全くない
雑誌も最近ありますよね。付録がなければ誰も購入しないような中身の全くない
読む価値のない雑誌。--; こういう雑誌は廃刊が近い気がします。

やはり本なのだから、付録がメインとはいえ、ちゃんと中身も充実していないと。
編集というか編集長は今は付録の企画だけに情熱を注いでいるのでしょうが。
付録は高く売れるけど、雑誌は送料込みで300円以下でも売れない・・・・・・
そういう雑誌は数年後、危ない気がします。

重版しますよという表示があるAmazonのシュプールですが、最近の女性誌は
1キロを超える雑誌が多くなってきましたが、これもそうです。
ただ、メルカリで見ると1キロ以内でしか送れない方法で300円で出している人が
多いですが、たぶん送れないため、いざ送るときに焦ると思います。--;
はっきり言って、本を送料込み300円で出したら、赤字になりますので。

おそらく最近の女性誌が1キロを超えているものが多いのは、1キロ以内なら
クリックポスト等で送料込みで300円で購入できてしまうため、本がリサイクル的に
回って、書店購入が減るから・・・・・・というのは考えすぎでしょうか?--;

興味のある方は下をクリックしてください。