これ、実はず~と見ていました。直木賞作家のサイン本なので。
でも意外と売り切れないものですね。
1107070148_main_l

おそらく気づいていない方が多いんじゃないかと。--; 腐っても直木賞なので
ずっとこの先名前が残る方ですので、サイン本は価値があるかと思います。

まあセット売りで、正直値段は高いです。しかも単行本で文庫本ではありませんし。

セット内容
熱源(サイン本)
天地に燦たり
※天地に燦たりはサイン本ではありません

第162回直木賞受賞「熱源」

樺太(サハリン)で生まれたアイヌ、ヤヨマネクフ。開拓使たちに故郷を奪われ、集団移住を強いられたのち、天然痘やコレラの流行で妻や多くの友人たちを亡くした彼は、やがて山辺安之助と名前を変え、ふたたび樺太に戻ることを志す。
一方、ブロニスワフ・ピウスツキは、リトアニアに生まれた。ロシアの強烈な同化政策により母語であるポーランド語を話すことも許されなかった彼は、皇帝の暗殺計画に巻き込まれ、苦役囚として樺太に送られる。
日本人にされそうになったアイヌと、ロシア人にされそうになったポーランド人。
文明を押し付けられ、それによってアイデンティティを揺るがされた経験を持つ二人が、樺太で出会い、自らが守り継ぎたいものの正体に辿り着く。

樺太の厳しい風土やアイヌの風俗が鮮やかに描き出され、
国家や民族、思想を超え、人と人が共に生きる姿が示される。
金田一京助がその半生を「あいぬ物語」としてまとめた山辺安之助の生涯を軸に描かれた、
読者の心に「熱」を残さずにはおかない書き下ろし歴史大作。

「天地に燦たり」

この熱量はすべての読者を圧倒する。
衝撃の松本清張賞受賞作。

戦を厭いながらも、戦のなかでしか生きられない島津の侍大将。
被差別民でありながら、儒学を修めたいと願う朝鮮国の青年。
自国を愛し、「誠を尽くす」ことを信条に任務につく琉球の官人。

豊臣秀吉の朝鮮出兵により侵略の風が吹き荒れる東アジアを、
三つの視点から克明に続く。


ファンの方や直木賞マニアの方にお勧めします。

興味のある方は、下をクリックしてください。